引っ越し、今から10年ほど前に

引っ越し、今から10年ほど前に

今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートへの引っ越しを決めました。
最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住所変更しなくても良いと思っていました。

 

そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入ってずるずると居続けてしまい、結婚の話も進んできました。実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。

 

 

引っ越しは居住地の移動であり、様々な形で届を出して、使い続けるために、変更することになるものもあります。

 

例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。

 

 

 

引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。この回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か知っておくことが大事です。

 

 

ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。

 

 

同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。人により引っ越しのやり方は様々ですが、近頃では、業者にすべてを任せる形の引っ越しを選ぶ人も増えています。ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、業者の作業を見ておいた方が良いです。

 

もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういった荷物の運搬中に傷を作ったり壊したり、といったことになると、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。

 

 

 

無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたら運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。

 

 

車を所持していないからと、何年か後にくる次の更新時までは免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。

 

携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。

 

他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。

 

 

ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。

 

 

 

あらかじめ引っ越しの費用がいくら掛かるのか、把握しているつもりでも多くの場合、想定以上に高くつくことになるようです。

 

 

 

できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びもなるべくしっかり考えた方が良いようです。料金は、例え距離と荷物の数が同じであったとしても各業者ごとに金額の違いが出てきます。

 

できるだけ費用を安く抑えたい、安い業者を見つけたいという人には、一括見積もりサイトが役に立つでしょう。

 

 

利用方法は簡単です。

 

サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますと各社がそれぞれの見積もりを提示してくれますので、金額を簡単に比較検討できて多忙な人にもおすすめできます。

 

ライフスタイルが変わって今後NHKは見ないという見通しがあり、受信契約を打ち切ろうとすると、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、思わぬ手間をとられます。しかも、受信料が自動引き落としになっていればNHKとの間に解約が成立するまでNHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。

 

 

決めたら少しでも早く、解約へと進んでいきましょう。引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電に傷、へこみなどのダメージをつけないようにします。新居にマッチするよう購入した家具であったりする場合は、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して運びましょう。お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、とても損した気分になりそうです。業者を利用した単身世帯の引っ越しは、一般向け引っ越しパックではなく引越し業者の単身世帯をターゲットにしたサービスを探していくと予算面ではかなりお得です。

 

 

 

多くは専用コンテナに荷物を収めるので、荷物が少ない人しか使えないというイメージを持つでしょうが、結構多くの荷物が収まるものです。

 

コンテナに収められなかったものがあれば残りは宅配便などの利用を考えましょう。

 

札幌 引越し業者