引越し手続き

引越しの手続きの基本

引越し手続きを滞りなくするには事前準備が大切です。
たとえば色んな手続きのチェックリストといったようなものを作成し、
いつまでにやらなければならないかなどを確認しておきたいものです。

 

一般的な引越しであれば、通常は1か月ぐらい前には引越し先などは決まっていると思います。
ということは手続きのための時間は1か月あるということですので、余裕をもって準備を進めましょう。

 

では引越し手続きは何をするのかから説明します。
といってもすべての手続きをしなさいというものではなく、
場合によっては不要となるものもあります。

 

では説明します。
まずは転出証明書を発行してもらいます。

 

転出証明書とは、今まで住んでいた市町村の役場に、
引越しします・・と転出届を提出し、書類として発行してもらうのです。

 

今度は、引越し先の市町村に転入届けを申し込みます。
この時「転出証明書」は必ず持参しましょう。

 

この手続きを怠ると、住民登録されないため、自治体が行っている色んな福祉事業や、
各種補助金が受けられないなどの不都合が生じますので、ぜひ確実に手続きしましょう。

 

その後は、電気、水道、ガスなどの手続きになりますが、
通常は不動産会社が連絡してくれます。

 

そうでない場合は、ひとつづつ確実に手続きが必要となります。
とにかく生活に直結しますので、速やかに行ってください。